asterecs

0120-38-2103
9:00-18:00(水曜定休)

前橋市や高崎市など群馬県内の不動産の事なら
アステレックス不動産へ

家の売却と引っ越しのタイミング

家を売るときの引っ越しのタイミング

現在住んでいる家を売却して引っ越す場合、多くの方が悩んでしまうのが「どのタイミングで引っ越しをすればいいか」という問題です。

その際引っ越しの時期を考える時にひとつのタイムリミットとなるのが、

物件の所有権が移転する「引き渡し日」です。

引き渡しは代金を支払う決済日に行うので、それまでに引っ越しを済ませておくことを目安に考えると良いでしょう。

引き渡し前の注意点

住宅ローン完済の手続きを済ませる

引き渡し日に所有権移転登記や

抵当権抹消登記も同時に行います。

家に関する書類を揃えておく

買主に建築関係書類、

付帯設備の保証書などの必要書類を

引き渡すので準備しておきましょう。

住宅設備に不備がないか確認する

住宅設備に問題がある場合は、

トラブルを避けるため物件を

引き渡す際に買主に伝えます。

固定資産税

固定資産税の納付義務者は1月1日現在の登記簿上の所有者です。そのため、売買した年の納付書は5月ごろに売主へ届きます。 一般的には、引き渡し日を基準として日割り計算した金額を事前に買主からもらう方法を取っています。

売却先行と購入先行

引っ越しの時期を考える際に、売却先が決定する前に引っ越しをする売却先行か、売却が決定してから引っ越しをする購入先行のどちらにするかを考えます。

これらのメリット・デメリットを踏まえ、一般的には売却先行が推奨されています。

売却先行のデメリットを解消するために、契約から引き渡しまでに3〜6ヶ月程の猶予を設けておくことが多いです。

売却先行のメリット

・ゆっくりと価格面で妥協せずに売り先を選べる

・不動産の売却価格を予算にして新居探しができる

売却先行のデメリット

・買主が見つかったら急いで新居を探す必要がある

購入先行のメリット

・ゆっくり新居を探すことができる

・買主候補に気軽に内覧してもらえる

デメリット

・引っ越しても売り先が見つからない

・新旧両方の物件に維持費がかかる

お問い合わせ